メンズファッション

メンズファッション

メンズファッション

メンズファッション戻る メンズファッション次へ
HOME>

■メンズセレクト商品紹介

ホームページをご覧頂きまことにありがとうございます!
メンズファッションの紹介をさせて頂いておりますので、よろしければご覧下さい

Tシャツ商品紹介  ロンT商品紹介  パーカ商品紹介  デニム商品紹介  パンツ商品紹介
ジャケット商品紹介  アウター商品紹介  装飾品商品紹介  レザー商品紹介

メンズファッション+

■男性服の通販サイト

男性服の通販サイトならメンズファッション+
挑戦しない!失敗しない!
無難カッコいい!をテーマとしたモテ服を目指したファッションをご提案。
他サイトでは珍しい、全身コーディネート販売も行なっております。
メンズファッション+
男性服の通販サイト
無難カッコいい!がテーマの『メンズファッションプラス』 メンズファッションプラス

スプートニクス

■モテたいメンズのためのトータルコーディネート

メンズファッションをオシャレに提案 SPUTNICKS
メンズカジュアルならSPUTNICKS スプートニクスがベスト!
清潔感あふれるきれいめカジュアルをご提供♪
スプートニクス
モテたいメンズのためのトータルコーディネート
メンズカジュアルならSPUTNICKS スプートニクスがベスト! スプートニクス

トップイズム

■トレンド&新作が激安

人気モデル黒野慎(まこち)
女子氏ウケUP↑最旬モテ服♪
鉄板コーディネート特集
トップイズム
トレンド&新作が激安
人気モデル黒野慎(まこち)着用☆人気アイテム! トップイズム

DIESEL

■ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル (Diesel S.p.A.) は、同名のファッションブランドを展開するイタリアのアパレルメーカー。1978年にレンツォ・ロッソによって創立され、イタリア北東部の都市モルヴェーナに拠点を置く。 創業者であるレンツォ・ロッソが代表を務めるオンリー・ザ・ブレイブ社の系列にある。デニムウェア、家具・雑貨製品が主力商品として知られている。

BEAMS

■ビームス

ビームス

ビームス(BEAMS)は1976年に創業した、輸入及びオリジナルの衣料品や雑貨を販売するセレクトショップである。また、ビームスが展開するオリジナルの衣料品や雑貨のブランドでもある。

nano・universe

■ナノ・ユニバース

ナノ・ユニバース

常に時代の一歩先を見つめ、進化し続けるセレクトショップ。 固定概念に捕らわれない独自の視点でコンテンポラリー&エッジィなセレクションを提供する。

Burberry

■バーバリー

バーバリー

バーバリー(Burberry Group plc)は、イギリスを代表するファッションブランドの一つ。 キャメル地に黒・白・赤で構成されたバーバリーのチェックは細くて清楚な色合いが特徴で、ヘイマーケットチェックまたはバーバリークラシックチェックとして知られている。

ファッションとは?

ファッション(英: fashion)とは、ある時点において広く行われているスタイルや風習のことである。なかでも特に、人々の間で流行している服装や装いを指す。多くのスタイルは多くの文化においていつでも受け入れられているが、デザインやファッションの流れは文化全体よりも速く移り変わるという点が重要である。ファッショナブル(である、でない)という表現はある人や物が最新の、もしくは最新ではなくとも評判の良い表現方法に沿っているか否かを指し示すのに用いられる。ファッションデザイナーはその中にあって着られる芸術作品を作ろうと試みる。
服飾(被服)の他、装いに関係する装身具(装飾品、アクセサリー)、美容(理容、髪型、化粧)、香水などもファッションの範疇である。販売促進のためファッション写真、ファッション雑誌、ファッションモデルが発達し華やかなファッションショーも行われ、大きな産業を形成している。さらに広義には音楽などの文化やライフスタイルまでをも包括しうる。世界的なファッションの中心地、あるいはファッションの都と呼ばれるいくつかの都市がある。そうした都市ではファッションウィークが開催され、デザイナーたちは観衆に新作の衣装コレクションを発表する。ロンドン・パリ・ミラノ・ニューヨーク・東京は多くの大ファッション企業やブランドの本拠地となっており、世界のファッションに多大な影響力を持っている。

ファッション用語

アウトドア系 アウトドアとは野外の、戸外のという意味。本来、荒野などで使うことを目的としたマウンテンパーカやトレッキングブーツなどを街で着こなすファッションを指す。

アウトレット
わずかに瑕疵がある品や余剰生産品などを、正規品よりも安い値段で売ること。そのような店で売られる品はアウトレット品、そのようなものを扱うモールはアウトレットモールと呼ばれる。

秋葉系
東京秋葉原でよく見かける、おたくのイメージに重ねられるファッション。擦り切れたネルシャツやスウェット、またはよれたTシャツをまとい、趣味の品を詰め込んだリュックやアニメショップの手提げ袋を持ち歩く、というイメージが典型的なもの。

アシンメトリー
直訳すると非対称。ファッションでは特に左右非対称という意味で使われることが多い。遊び心を感じる、少しエッジなデザインで、シャツやジャケットの裾、衿や袖などによく見られる。

アメカジ
アメリカ的な、明るく開放的なカジュアルスタイルのことで、アメリカンカジュアルを短縮した日本の俗称。アメリカの大学生をお手本にしたアイビールックなどが代表例。

稲福
主に津田沼に現れるポケモンマスター。得意技は連打であり、地力以外はある。

ヴィンテージ
ヴィンテージ。元々はブドウが豊作の年に作られた極上のワインを指す。現代では年代物のアイテムを総称した意味。
ウオッシュド
ウオッシュドは単純に洗いをかけるという意味。デニムによく用いられ、一度も洗いをかけないノンウオッシュ、一度、洗いをかけたワンウォッシュ、石と一緒に洗いをかけたストーンウオッシュなどバリエーション豊か。

裏原宿
日本にあるファッション情報の発信地の一つ。東京都渋谷区神宮前周辺の俗称である。藤原ヒロシが流行の仕掛け人として知られる。

エスニック系
民族服の特徴を取り入れたスタイル。ヨーロッパ、アフリカ、東南アジア、アメリカ・インディアンなど多様なイメージを取り入れている。

エモ
アシンメトリーの髪型、細身のシャツやボトムス、またはパーカーなどを特徴とするファッション。エモ・ファッション。男性でも化粧をすることが多く、ゴシック・ファッションや日本のヴィジュアル系の影響を受けている。

オートクチュール
フランス語で特注の仕立て服のこと。いわゆるオーダーメイドであるが、ファッション業界内では通常、サンディカと呼ばれるパリの高級服専門の組合に所属している店の商品のことをいう。また、パリとローマで1月と7月に開催されているオートクチュール・コレクションは、サンディカに所属するメンバーと、その他の少数のメゾンにしか発表が許されていないファッションショーである。

お姉系
お姉系とは女性ファッションの傾向のひとつである。ややコンサバでありつつギャルの要素も取り入れ、基本的に女性らしさを強調したスタイル。

お兄系
お兄系とは男性ファッションの傾向のひとつである。ワイルド感のあるカジュアルスタイルと、セクシーなモードスタイルを融合させたファッション。ギャル男を卒業したあとに、比較的フォーマルなお兄系スタイルとなる人が多い。

カジュアル
フォーマルの対義語で、形式にこだわらない堅苦しくないスタイル。

ガーリー系
女の子らしさを意識したスタイル。

川中
糸や生地から衣服を製品として製造するアパレルメーカーや、そのほか、服飾製品の製造業を指す。

川下
アパレルメーカーなどによって製造された製品を、商品として店頭に並べ販売する小売業を指す。

グランジ
1990年代前半に流行したグランジ・ロックから派生したファッション。グランジ・ファッション。着古したシャツやスニーカー、穴のあいたジーンズがポイント。当時のアメリカ合衆国の若者服が原型になっている。

きれいめ
主にコンサバな男性ファッションをさす。きれいめ系。全体的に細身にまとめるのが特徴で、清潔感を重視したスタイル。スタンダードで上質なアイテムが好まれる。

ゴシック系
ドイツで発祥。ゴシック・メタル等の音楽から生まれたサブカルチャーのスタイル。ゴシック・ファッション。蝙蝠・十字架・コフィン(棺桶)などのモチーフが特徴的。

サロン系
男性ファッションの一種。美容師系ともいう。理美容師を読者層とした雑誌CHOKi CHOKiの読者モデルの呼び名からおしゃれキング系と呼ばれたりする。全体的にフェミニンで装飾的な傾向があり、重ね着、アクセサリーの多用などが特徴。

ストリートファッション
ストリートファッションとはデザイナーやアパレル企業がつくり出すファッションではなく、それぞれの時代・社会や文化を背景に、街に集まる若者たちに実際に支持され、発信されるファッションのこと。

セレクトショップ
自社ブランドだけでなく、他のブランドをショップ独自のセンスで選んで扱っているショップ。主に海外のものを扱っている店のことを指す場合が多い。

ドメスティックブランド
国内のファッションブランドの意味。米国人にとっては米国ブランドがそれになる。ファッション雑誌でドメブラと略されたりする。ドメスティックブランドに対し、国外からの輸入ブランドをインポートブランドという。

トラッド
トラディショナル・スタイルの略。伝統的で正統派の男性のスタイル。米国系、ブリティッシュ系トラディショナルなどに、ときには日本独自のニュートラなども含めて呼ぶ総称。ブレザー、チェック柄のパンツ、ボタンダウンのシャツといった、伝統的なアメリカ東海岸風のファッションを指すことが多い。また、タータンチェック、キルトスカート、トレンチコートなどイギリス風のブリティッシュ・トラッドを指すこともある。

パンク系
1970年代後半にロンドンで巻き起こったパンクムーブメントとともに生まれ育ったスタイル。パンク・ファッション。引き裂いたTシャツ、鋲打ちのジャケットやチェーンなどのアイテムがよく用いられ、安全ピンやカミソリをアクセサリー代わりに用いるなど、反逆性を強調する。

ヒップホップ系
ヒップホップという音楽やライフスタイルは以前からあるが、特に1990年代以降ラップミュージックの流行とともに台頭してきたスタイル。ゆえにラッパースタイルなどとも言う。Tシャツまたはタンクトップ、オーバーサイズのスエット、極端に太いボトムス(日本での俗称・ダボパン)、野球帽などが主要アイテム。日本で近年とみに氾濫している腰パンもヒップホップの亜流であるという見方もある。

ファストファッション
その時点でのファッショントレンドの内容をいち早く取り込みながらも、普通に着用できるリアルクローズとして低価格で提供する業態。2005年あたりから台頭したH&MやZARA、FOREVER21などの世界的な規模(低価格・リアルクローズということで日本のユニクロと比較されるが、ユニクロよりも企業規模が大きい)の低価格衣料品チェーンを指して使われることが多い。さしずめ、ファストフードの衣料品版ともいえる。

フォーマル
タキシードやモーニングコートといった正装とみなされる礼服。背広など略礼服も含めることがある。

ブリティッシュ系
伝統的なイギリス式ライフスタイルを指し、服装においてはアーガイルやタータンといった伝統的な柄やツィード素材などを特徴とする。

古着
一度商品として市場に出回り、買った人などがその所有権を放棄した服を、古着業者が回収して販売している物のこと。主に作られてから50年未満のものを指す。30年以上100年未満のものをヴィンテージと呼ぶ。

プレタポルテ
フランス語で既製服のこと。通常は一流のデザイナーがデザインを手掛け、仕立てた既製品にのみ当てはめられる言葉。日本語でコレクションと呼ばれるファッションショーがあり、2月から4月、9月から12月までの間に、東京、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリの順で開催されている(東京コレクション、ニューヨーク・コレクション、ロンドン・コレクション、ミラノ・コレクション、パリ・コレクション)

ミリタリー系
ミリタリーとは「軍の、軍隊の」という意味で、ファッションでは軍服テイストを取り入れたスタイルをいう。機能的でありながらもスタイリッシュさを重視したアイテムが多い。

メゾン
フランス語で家、建物の意であるが、ファッション業界では会社、または店などの意味で使われる。特にオートクチュールの店のことをメゾン・ド・クチュール(maison de couture)という。

モード系
モード系とはグレードの高い、トレンドを作り出すハイファッションを指すのが一般的。デザイナーが打ち出す新作や、コレクションに参加しているブランドの服を指す場合もある。

モノトーン
モノトーンとは、単一色の濃淡や明暗で表現することをいう。ファッションでは黒・白・グレーなど無彩色だけで構成されることをいう。

モッズ
モッズとは1950年代から1960年代にかけてイギリスで流行したファッションスタイル。三つボタンのジャケット、ローファー、細身のパンツといったアイテムが好まれる。

リアルクローズ
アート色の強い日常離れした服に対して、一般的に普段着として着られるような服。それまでデザイナーが作ってきた流行ではなく、人間が着ているだろう服を想定し、より消費者に近いファッションの発信をしようと1990年代初頭に大きな動きとなった。2000年ごろからはファストファッションとも結びつき、H&MやZARAなどの世界的な衣料品チェーン企業が興り始めた。

流行色
一時的に流行し、多くの人がファッションの中に取り入れる色のこと。
狭義には、国際流行色委員会(インターカラー)や日本流行色協会という公共団体が選定した色のことを指す。選定の1年後にファッション業界や出版社に流行色の情報が提供され、流行色を使った商品が生み出されていく。

ロック系
ロック系(ロッカーズ)とは1950年代に流行したロックミュージシャンたちの服装をストリートカジュアル化したスタイルのこと。革ジャンやスリムジーンズ、スタッズベルトといったアイテムが代表的である。後年パンク系やメタル系などへと分化してゆく元になる。

ロリータ
ロリータは日本で発祥したファッションで現代日本で見られる子供服、西洋で現れ始めた頃の子供服がモチーフとなっているスタイル。ロリータ・ファッション。レースやフリルを多用したデザインとパニエ等で膨らませたスカートが特徴的でヘッドドレスやボンネット等他のファッションでは見られない小物を使用する。

Aライン
Aラインとはその名のごとく、アルファベットのAの文字に似せた、裾広がりのシルエットラインのことを指す。1955年、クリスチャン・ディオールのコレクションで発表されて定着したノーブルシルエットのこと。

B系
B系とはヒップホップ系ファッションの男子を指す言葉。オーバーサイズのトップスと腰履きのたっぷりしたパンツスタイルが標準。ガスケット、ニットキャップや斜めに被ったキャップ、ファットなスニーカーがトレードマーク。IラインIラインとはその名のごとく、アルファベットのIの文字に似せた、トップスもボトムスもピッタリと身体にフィットするラインのこと。

V系
V系とはヴィジュアル系バンドを模倣したファッションのこと。男女ともに着られる。黒を基調とする服が中心で、エナメルブーツ、骸骨や十字架等のシルバーアクセサリー、チェーンなどを身につける事が多い。

Vライン
Vラインとはその名のごとく、アルファベットのVの文字に似せた肩周りにボリュームを持たせたトップスとボトムスで構成されたライン。

Xライン
Xラインとはその名のごとく、アルファベットのXの文字に似せたウエストのくびれを強調したスタイル。

メンズファッションその他

Sub Menu

Sub Menu

リンクサイト

メンズファッションをGoogle Bookmarks に追加

ファッション用語 帽子編


ベレー帽は、軟らかく、丸くて平らな、鍔や縁のない帽子である。ウールフェルト製が多いが、様々な素材で作られる。ベレー帽の形は、かつては、円周が比較的小さなバスク・ベレーと大きなブレトン・ベレーとに分けられたこともあったが、今日では、頂点のチョボと内側のビン革があるバスクベレーと、それらがなく、かぶり口にトリミングが施されたアーミーベレーに分類されるのが一般であろう。もっとも、両者の中間を含め、様々なデザインのものがある。チョボは、布を用いず、羊毛の繊維束を木型の上に放射状に並べて織る伝統的なベレー帽製造工程において、束の要となった部分であったが、今日では、伝統的な作り方をしていないものでも付けられることがある。

中折れ帽は、クラウンの中央を縦に折り込んだ帽子である。もっぱらフェルト製で、ソフトフェルトハット を略してソフト帽・ソフトハットと呼ぶ。シルクハット、山高帽、ホンブルグ・ハットなど、硬く作られた帽子に対し、ソフトと呼ばれる。綿製の中折れ帽はミルキーと呼ばれる。第二次世界大戦前頃まで一般的に使用され、当時の公務員や会社員に愛用されていた。兎の毛を固めたラビットファーフェルト、または羊毛を固めたウールフェルト、他には綿や皮革、ポリエステル、レーヨン、アクリル繊維、ナイロンで作られている帽子もある。ラビットファーフェルトの方が高級とされている。

ターバンは伝統的に中東諸国およびインドで用いられる頭に巻く帯状の布。イスラームではアッバース朝期以降、宗教的敬虔さの象徴として扱われ、現代でもウラマーやイスラーム復興に親近感を持つ者が好んで用いる。またインドなどのシク教徒も日常的に用いる。

ホンブルグハットとは、男性用の正礼装に用いられている帽子のことである。ホンブルグハットとは、クラウンの中央に折れ目がつき、ブリムの縁を絹のリボンで飾り、全体が巻き上がった帽子である。戦前頃の日本ではテライ型と呼ばれていた。ホンブルグハットを有名にしたのがエドワード8世だった。 皇太子時代に保養のために訪れたドイツ西部の温泉地、ホンブルグで流行っていたこの帽子を自国に持ち帰ったところ、たちまち上流階級に流行し、以後アメリカでも第二次世界大戦まで、流行し一般のビジネスマンにまで広く愛用された。

山高帽、山高帽子は、イギリス発祥の帽子である。主に男性用。堅く加工したウールのフェルト製の帽子で、半球型のクラウンと巻き上がったブリムが特徴。クラウンの高さやブリムの反り具合は時代ごとに流行がある。色は黒が基本色だが、グレーや茶系統の物もポピュラーである他に赤や青、紺、白など様々な色が存在する。

ハンチング帽は、19世紀半ばからイギリスで用いられるようになった狩猟用の帽子である。ハンチングベレーやハンチングキャップあるいは単にハンチングとも呼ばれる。裕福なイギリス人の間ではシルクハットを被る習慣があったが、乗馬や狩猟などの激しい運動に向いていなかったため、頭の形に合っていてずれにくいハンチング帽が生まれた。実用性が高く安価に生産できるハンチング帽は、庶民にも広まっていった。特に庶民が好んで着用したことから、ハンチング帽は庶民のシンボルとなった。現在では風雨や寒さから頭部を護ると言う実用的な意味は薄れ、もっぱらファッションアイテムとして扱われている。

キャスケットは、ハンチング帽の一種。アメリカなどでは、新聞売りがかぶっていたことから、ニュースボーイ・キャップと呼ばれる。またドイツでは、頭頂部が風船のように膨らんでいることから、風船帽と呼ばれる。

麦わら帽子は、藁あるいは藁様の素材で編んだ帽子である。日本では夏に日よけとして用いられる。ストローハットとも、麦稈帽とも呼ばれ、丸い山形をしており、日除けのつばが広く、あご紐が付けられる場合が多い。男女ともにリボンが巻かれたり飾りが付けられたりすることが多い。夏の野良仕事や海水浴などによく用いられるため、夏の風物詩ともなっている。そのため麦わらや麦わら帽子は夏の季語になっている。麦や藁で編んでいるため空気をよく通し、帽子内にこもりがちな熱をよく放出できるので、湿度の高い日本の夏の日除けに最適である。農作業用の帽子と思われがちだが、用途もガーデニング、アウトドア、ファッション用と幅が広がり、見た目の涼しさを楽しむ若者などは浴衣やアロハシャツ等と一緒に合わせてコーディネートしている。

カチューシャ、弾力を持ったC字型の金属やプラスチックで作られたヘアバンドで、日本独自の呼称。C字の開いた部分を広げながら耳の後ろ?頭頂部の上に来るように頭にかぶせて使う。 プラスチックや金属の表面を布などで覆ったもの、リボンやラインストーンなどの装飾を施したもの、動物の耳を模した付属物を付けたものなどもある。 髪の毛を押さえる効果を上げるために、頭に触れる側には櫛や櫛歯が設けられていることが多い。